AOBA青葉環境保全より良い環境をめざす

NEWS    〈 青葉環境保全 〉からお知らせ

人体からも検出されました~マイクロプラスチックによる海洋汚染について~

2019/03/20

皆さんこんにちは。

桜の便りが聞こえてきそうな陽気ですね。春ももうすぐです。

しかしながら、感染力の強い病気(インフルエンザ・はしか)もまだまだ蔓延しています。体調には十分気を付けてください。

さて、皆さんはこのニュースを見掛けましたか?
微小プラ、既に人体に 貝からも検出 健康への影響は」 

以前、このブログでプラスチック製ストローの廃止が世界的に広まっているというニュースをご紹介しました。

ストローを始め、プラスチック製のゴミが海に流れ出ると、波の影響で砕けたり劣化することで細かくなり、微小プラ化(マイクロプラスチック化)し、それを海洋生物(魚類・貝類など)が食べ、その海洋生物を人間が食べることにより、人体に微小プラが入り込んでいるそうです。

記事の内容を見ると、英国のスーパーで販売されている貝類を調べたところ、
全ての貝から微小プラが検出されたそうです。

また、世界各国の水道水や、販売されている食塩などからも検出され、先ほども書きましたが、既に人体に取り込まれているという研究結果も出ています。

実際のところ、人体にどのような影響が出るのかはわかっていませんが、微小プラは体内に蓄積されるとのことで、今後更なる調査が進められるようです。

こうした微小プラによる海洋汚染について、原因となるプラ製品(ストロー等)の使用を削減または全廃する動きが世界各国をはじめ、有名企業で始まりつつあります。

企業の取り組みについては、こちらの記事をご覧ください。

日本を含め、世界各国で取り組みが始まったプラスチック製ゴミへの取り組み。
海洋汚染に止まらず、人体への影響も懸念され始めました。

今一度、私たちもこの話題に目を向け、考えていかなければならないと感じました。

皆さんも身近なところから取り組んでみませんか?

それではこの辺で。

後藤

PAGE TOP