AOBA青葉環境保全より良い環境をめざす

NEWS    〈 青葉環境保全 〉からお知らせ

株式会社エコリス 人物図鑑8 ~昆虫担当 大野さん~

2022/10/04

令和4年 子どもゆめ基金助成活動「自然環境調査体験プログラム2022」の実施において、現役で自然環境調査を行う専門家の皆さんを派遣いただいた「株式会社エコリス」様

今回、掲載をご許可いただけた調査員の皆さんのメールインタビューを公開させていただきます!

株式会社エコリス 人物図鑑8 ~昆虫担当 大野さん~


質問:ご出身は?

「東京都杉並区です。」

質問:育った環境は、山、海、川の近く?それとも都会?

「都会近くの住宅地でした。」

質問:子供の時代はどんなお子さんでしたか?また、好んでいた遊びや夢中になったものは何ですか?

「小学校低学年までは近所の公園や駐車場の草むらで友人と虫採りをしていました。だんだんと周辺で捕まえられる昆虫の種類に限界を感じ、虫採りから離れてゲームをしたり漫画を読んだりするようになりました。」

質問:自然環境調査の仕事に生きている、学生時代に専攻した学問や勉強した分野は何ですか?

「学生時代は生態学分野を中心に勉強をしていました。加えてサークル活動で生き物の採集・観察を積極的に行ってきたので、学業で学んできたことと合わせて今の仕事に役立っています。」

質問:保有している資格を教えて下さい。(調査以外にも役立っているものがあればそれも)

「生物分類技能検定2級です。」

質問:ご自身のバイブル的な本、または、「これは読んでおいた方がいい」というおすすめのものはありますか?(本以外で雑誌、絵本、マンガでもOK)

「昆虫・両生類・爬虫類 (講談社 動物図鑑 ウォンバット):幼いころはこの図鑑をずっと眺めていました。」

「昆虫 新版 (学研の図鑑LIVE):最近出版された昆虫図鑑です。子供向けとは思えないくらい情報が詰まっています」

質問:自然環境調査員を目指したのはいつ頃でしょうか?もしくは、この仕事に就くきっかけを教えて下さい。

「大学4年生の頃です。学生の頃にサークルの紹介で猛禽類調査のバイトを始めたことがきっかけでした。」

質問:仕事に就く際、また現在、影響を受けた人や憧れている人はいますか?

「研究室の先輩方です。」

質問:このお仕事をやっていて、(一番)楽しいこと、(一番)ツライことを教えて下さい。

「憧れの生き物を調査中に見つけたときは嬉しくて思わず声が出てしまいます。現場が集中して睡眠時間が削られてしまうときに一番きついと感じます。」

質問:これから調査員の仕事を目指す方々にメッセージをお願いします。

「自然を相手にする仕事なので、どうにもならないことや苦労をする場面は多く出てきます。ただ、野生生物と向き合うことができるという意味では、とても魅力的でやりがいのある仕事です。自分の本当にやりたいことと向き合ったうえでぜひ検討してみてください。」

PAGE TOP