AOBA青葉環境保全より良い環境をめざす

NEWS    〈 青葉環境保全 〉からお知らせ

【蘇生白虎隊士 飯沼貞吉終焉之地】碑 ~白虎隊ただ一人の生き残り~

2019/09/24

仙台市青葉区錦町1丁目の住宅地の一角には、立派な碑が建立されています。



碑に刻まれた文字を見ると、「蘇生白虎隊士 飯沼貞吉終焉之地」と刻まれていました。

「飯沼貞吉」は、会津戦争の悲劇として語り継がれる白虎隊で唯一生き残りであり、日本の電信事業の発展に貢献した人物です。



飯沼貞吉は、1910年(明治43年)に仙台逓信管理局の工務部長に就任、

退職後も仙台に住み続け、1931年(昭和6年)に77歳で生涯を終えました。

1991年、自宅があったこの場所に、有志達の手により碑が建立されました

飯沼貞吉の墓は、輪王寺にあります。



以前、この碑は、アパートの裏手あたりにありましたが、

現在はマンションの建設に伴い、光禅寺通沿いに移設されています。

 

もし、行かれる際は近くの有料駐車場、もしくは公共交通機関をご利用ください。

それではこの辺で。

 

後藤

PAGE TOP