AOBA青葉環境保全より良い環境をめざす

NEWS    〈 青葉環境保全 〉からお知らせ

四季を感じて~紅葉の仙台路を巡る~

2019/11/30仙台市

朝晩めっきり冷え込むようになった今日この頃。
ふと思い立って、仙台の紅葉を撮影しに出かけてみました。

今年は暑かったせいか、例年より色付くのが遅いように感じられますね。
撮影した場所は仙台市西部のとある山林。

山林へと続く道の入り口には神社があり、銀杏の大木が見事に黄色く色付いていました。



神社から山林へと続く道に入り、しばらく走っていくと大きな沼が見えてきました。サイカチ沼です。

 


この沼は昔、ワカサギが良く釣れたというが、今はブラックバスかヘラブナが釣れるとのこと。写真を撮りながら辺りを見回すと、釣り人が結構居た。

サイカチ沼豆知識
斉勝川(さいかちがわ)を堰き止めて作った溜め池であるサイカチ沼。その名前の由来が植物のサイカチの木であるため表記として漢字を使わず「サイカチ沼」とされている。

沼沿いの道を走りながら、色付く木々を撮影したが、綺麗に色づいているのはモミジが多く、自然と被写体もモミジになりました。




12月も間近な今日この頃、まだまだ里山の紅葉は葉落ちもせず見応えがあります。ふらっと紅葉を見に行ってみてはいかがですか?



今回撮影した写真をスライドショーにしてみました。
良かったらご覧ください。


それではこの辺で。

後藤

PAGE TOP