AOBA青葉環境保全より良い環境をめざす

NEWS    〈 青葉環境保全 〉からお知らせ

月山 「志津(リフト)口」コース

2020/09/27

山登りを続けている。自分でも驚いている。

わざわざ体が疲れることを進んで行わないということが長年の生活信条。(偉そうに言うことでもないけれど)

月山に挑戦する機会にこんなに早くあずかれるとは予想外。(これまでの山々に相当苦戦したことはあまり触れていませんが・・・)

当日の天候は雨こそ降らないものの、山形県内の高速道路から見えるはずの月山は白く隠れていた。

それでも視界にぐんぐんと山が近づいてきて、月山山麓の懐の深さに圧倒される。

弓張平を過ぎ、姥沢登山口近くの駐車場に着くと、密というには程遠いけれど、人の多さに驚いた。

天候が良ければ、そこから見えるはずの目指す山の姿が捉えられない。



今回のコースは

姥沢駐車場⇒リフト下駅⇒リフト上駅⇒姥ヶ岳⇒湯殿山分岐⇒紫灯森⇒牛首⇒鍛冶小屋跡⇒月山山頂 ※帰りは、山頂⇒牛首⇒牛首下分岐⇒リフト上駅

8時運転開始のリフトで15分間、深い霧の中に突入していくような空中移動後、リフト上駅では風が体に染みた。


 

 

 

 

 

 

行きは登りが続くコースを選択したため、まずは第一関門となった姥ケ岳山頂へ。

標高1670m。

束の間、雨が降ってきて山の天気の変化の目まぐるしさを思い知った。(装備は本当に重要)


 

 

 

 

 

 

さらに草木も低くなっていきます。


下の写真はどんなアングルで撮影したのか、しばらく思い出せなかったのですが・・・これ、上から下方向に撮っています。

下山の時は、一歩の高低差がなかなかの高さで、”飛び降りる”感覚になったエリアがありました。


出羽三山とは  ”羽黒山・月山・湯殿山” の3つの山の総称で、古くから人々の信仰を集めてきた神聖な山。

修験道の修業の場としても知られていて、この日、遠く法螺貝の音も聞こえた。

羽黒修験道では、羽黒山が現世利益の山、月山は先祖の霊が鎮まる過去の山、湯殿山は生命誕生の未来の山とされているそう。

牛首と呼ばれるところには、湯殿山(湯殿山神社)との分岐点があります。


 

 

 

 

 

 

 

 

山頂近くの難所を抜けた先の”鍛冶小屋跡”に鎮座する稲荷大明神、鍛冶稲荷神社では修業装束の方が。

この後、月山神社本宮付近で朗々と祈りの言葉を捧げる姿もお見かけいたしました。

この地点から見える山々なのでしょう・・・鳥海山、大朝日岳とそうそうたる山の名前があります。

まったく見えないけど!!


建造物、人々の姿などが増えてくると山頂が近いことが分かります。


 

 

 

 

 

 

まずは目的地の月山山頂に向かいます。

あらためて、百名山 標高1,984m「月山」山頂のこれを持てたことは大きい。


 

 

 

 

 

 

さて、月山神社エリアは撮影禁止。

月山神社本宮
(月山 出羽三山神社 月山神社本宮HPより)
「月山八合目より頂上までの山道は国立公園であると共に、出羽三山神社の境内地であり私有地です。特に頂上の月山神社本宮内は、広大な境内地の中でも、古来より特別な神域となっておりますので、全ての方にお祓いを受けてご参詣頂いております。」
上記の通り、20名くらいの参拝者が境内の受付にいらっしゃる神主様にお祓いを受けた後、”人形の紙”で全身を清めてから参拝させて頂きました。
下山は登りとは別コースで牛首から下に折れ、なだらかに木道が続く方へ。
少しだけ霧が晴れて自分の周りの景色が分かるようになってきた。


前方に光るのは月山湖。

(右側に見える)あの峰を越えないと終わらない・・・などとボンヤリ思いながら、ポクポク歩き続けるのみ。

木道とはいえ、気を抜くと膝の力が抜けて、足をくじいてしまいそう。

これがよく聞く「登山は下りがキツイ」ということか、と。


リフト基地が見えた時は、本当に嬉しかった!!!

 


 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真のとおり、リフト上基地地点の約6時間後は景色がこんなに違っている。

なだれ込むようにリフトに乗り、出発の地に戻ると青空が迎えてくれ、周りからも「山はこれだもんね~苦笑」というため息交じりの会話が聞こえてきた。


上部の方に見えるのは月山付近のブナの原生林。

1991年に山形県立自然博物園が開設されており、自然観察や遊歩道での散策で豪雪地帯の環境に適合した月山のブナ達を通じて「自然の仕組み」などを学ぶことができるそう。

いずれ行きたいところの一つになりました。


 

 

 

 

 

 

駐車場から山を振り返ってみたら・・・まだ、全容を見せてくれない。

 

今回はリフトである程度上がってから登る初級コースだから、と高を括っていた。

当日の下山後はもう体のどこが痛いのか、そもそも痛いのかどうかも分からない、疲労というより憔悴した状態だったらしい。

でも、また山に登りたいと思いながら、この記事を進めている。

周りに聞くとそれが登山の魅力・魔力・癖になるところらしい。

 

PAGE TOP