AOBA青葉環境保全より良い環境をめざす

NEWS    〈 青葉環境保全 〉からお知らせ

『山形県関沢』~冬日和の朝日連峰~

2021/03/01

冬日和(ふゆびより)

”冬に移動性高気圧に覆われて、穏やかに晴れて日中に暖かさが感じられる日をいう”

そんな言葉がピタリと当てはまる一日。

東北自動車道の村田ジャンクションから山形道へ折れた車窓には蔵王連峰が雪に真っ白に包まれ、朝日に光っていてとても綺麗。

今回は雪山に誘われて山形県山形市の関沢へ。

山形県と言っても宮城県の川崎町と隣接している位置。

関沢インターチェンジは県境を越えて一つ目で、すぐ近くの高速トンネルの内壁には
「宮城県⇔山形県」と大きく表示されています。

さすがに山形道を進むと景色は雪化粧へと一変。

笹谷峠が眼前に迫る古関パーキングエリアでは、少しでも足を止めると寒さが地面から這い上がってきます。


関沢インターチェンジのすぐ近くに雪山登山のポイントがいくつかあるという。


 

 

 

 

 

 

冬季は車両通行止めですが、締め切られたゲートの前にはすでに車がところ狭しと駐車され、登山目的の皆さんが靴を履き替えたり準備を進めています。

中にはワンちゃんを連れたご家族も。


 

 

 

 

 

 

さて、今日は初めてのエリアということもあって、小手調べ?のつもり。

見上げれば山はぐるりと巡っていて様々なコースがあるようですが、気が向くままに先人のトレースを辿る道のりになりそう。

積雪はそれなりにあるけれど、いったん凍ってサクサクとしているのでアイゼンなしでもしばらくは進める様子。


 

 

 

 

 

 

沢と思しき場所の途中には小さな砂防ダムがあり、倒木には大きな氷柱!

厳冬期にも沢には流れがあり、凍りと水のせめぎ合い。


GPSを見ながら、進行方向と定めた沢へと落ちる山べりの急斜面。

足を交互に進めないといけない程に細い完全な一方通行、しかも湾曲していて先が見通せない・・・


少し戸惑っていると後ろからご夫婦とお見受けする一組がいらした。

道を譲るために脇に避けた際に「この先はどうなっているか」と尋ねてみたところ

何度もこのコースに来ているそうで、目の前の急斜面はすぐに終わり

そこから向かい側の山に渡り、登りきると見晴らしの良い広場があると耳よりの情報を教えて下さいました。

その言葉通り、急斜面はすぐに終わり浅い沢を飛び越えると・・・


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、出ました、急登ポイント。

・・・いよいよアイゼンを装着しなきゃ。

そして、ところどころに出現するのが、覗き込んでも下の見えない穴・・・

これは気を付けないと、何かの弾みにはまり込んだら確実に腰まで落ちる深さです。


 

 

 

 

 

 

 

 

3歩進んでは止まるといったペースで急登をやり過ごすと、辺りに日光が差し込んできて空が見えてきました。


 

 

 

 

 

 

途中でなるべく後ろを振り返らないように決めていたのには理由があって

実は関沢インターチェンジからチラリと見えていた特別な景色。

いよいよ到達する頂上近くからドキドキしながら振り返ると・・・


もくもくと雲が湧きたっているかのような白い白い朝日連峰。

お城で例えるならば、天守閣に破風が連続している様式のようで険しく威厳に満ちています。

今日は大朝日岳もくっきりと拝めます。


月山の姿を探して目を移すと視界右側ギリギリの位置、木々の合間に優美な山頂が見えました。


山形県の”屏風”の様に山々が連なる神々しい姿。

山の姿はそれぞれに個性があり、興味深いものでランドマーク的に認識ができると移動が楽しくなることを知りました。

この眺望は冬日和ならでは!!

 

このピーク地点付近は足が雪に埋まってしまうので雪を漕ぐような歩行になり

ここからさらに続く道のりは、一層雪も柔らかく深いため、”カンジキ(スノーシュー)”を履かないと進めない様相。

今日はここまでにしようということに。

雪に埋もれちょうどよい高さになった木の枝に腰掛けコーヒーを飲みながら、はるか対面に望む朝日連峰を堪能する大休憩。

贅沢で至福のひとときを過ごすことができました。

 

帰路は笹谷インターチェンジで降り「みやぎ蔵王セントメリースキー場」の前を通過すると今年は積雪に恵まれて賑わっている様子。

ここは広大な駐車場と目の前に温泉施設があるという好立地。

宿泊施設付オートキャンプ場「るぽぽの森」

昨今、家族単位で気兼ねなく行ける”マイクロツーリズム”が浸透した感があり、冬のキャンプが大流行。

キャンプ専用サイトでは雪遊びを楽しむお子さんの歓声が響いておりました。


 

PAGE TOP